aFlexの基本

aFlexは基本的にはTcl/Tkの文法を使っている。

完全には一致しないが、BIG-IPのiRuleなどのスクリプトもほぼ似た文法なので参考になるので見たほうが良い。

aFlexのスクリプトの作成、編集、削除などは下記のように行う。作成したスクリプトがすでに使用されている場合などは削除の際に警告が出ます。

aflex create XXX

aflex edit XXX

edit時はviなどの使い方と同じように使うことができる。

 

A10 パスワード忘れた時のリセット

パスワード忘れて、どうにもならない時とか、他のconfig読み込んでパスワードが変わった時はリセットです。

リセットは以下の方法で可能です。

リセット時に設定まで消すかどうか聞いてくるので間違えないように。

ブート後、30秒以内に下記のログイン情報を入力すればできます。

 

ID reset

Pass 機器のシリアル番号